不動テトラが続伸、復興予算上積みで思惑再燃

 不動テトラ<1813.T>が続伸歩調、一時前日比3円高の198円に買われ、200円台での活躍をうかがう展開となっている。政府は13年度予算で復興予算を3兆円上積みする方針と伝えられており、13年度分だけで道路や港湾の補修を軸に4.5兆円を投じる見通しだ。これを受けて寄り付きから買いが優勢だ。同社は地盤改良工事と消波ブロックを主力としているが、官公需の恩恵を享受しやすい分野であり、公共投資拡大の国策をテーマに買われる建設株の中でもひと際その存在感は大きい。また、株価のボラティリティも高く、2011年の東日本震災時に株価100円割れの水準から高値243円まで一気に買われた経緯があり、その仕手性から個人を中心とした短期資金のターゲットとなりやすい。

不動テトラの株価は9時38分現在199円(△4円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)