日銀金融政策決定会合を控えて様子見。海外勢の利食いで下がれば押し目買い。

クロス円も利食いで緩む場面がある可能性。ポンドが特に弱い。
日銀の金融政策決定会合の発表があり、金融緩和が既に織り込まれており海外勢が特に目新しいものが出なければ利食いを行う可能性があり、動きにくい。ドル円は
90円台で上昇が止められており利食いが入りやすいイメージがあります。しかしながら、日足のチャートを見ればサポートがどんどんと上がってきて88円台前半にも強いサポートがありそう。一旦反落したところを拾おうと待っている人が多いんでしょうね。今日は売りは行わず、日銀の発表の後、下がるようなら引き付けて買いからのイメージ。89円台前半をイメージしています。89.250買い、88.800ストップ、90円台利食いぐらい
の大まかなイメージです。
作成時 89.808-818 7:53AM 強いなぁ、朝から。

ユーロドルは狭い揉み合いが続いています。1.33550、1.33650で売りから参入、ストップは1.33800に置きます。1.33350を越してきたらストップで上がってくる可能性があるので、売るのならそれを待ちたいと思います。
作成時 1.33156-163 8:05AM

ユーロ円は118.850(119.000)--(120.000)120.250レンジに挟まれて揉み合いが続いています。方向感がはっきりしないのと今日の日銀金融政策決定会合前でもあること
から今日は基本、買い目様子見とします。
作成時 119.469-478 8:16AM