大林組が6日ぶり反発、復興予算の増額を好感

 大林組<1802.T>が6日ぶり反発。ここ調整色を強めていたが、1月11日の昨年来高値から前日の終値まで14%の下げをみせたことで値頃感が生じていることに加え、政府は13年度予算で復興予算を3兆円上積みする方針と伝えられており、これが大手ゼネコンである同社のビジネスチャンスにつながる材料として好感された。ただ、PERは30倍近辺と割高感もあり、前日比15円高の473円まで買われた後は戻り売りにやや伸び悩んでいる。

大林組の株価は11時14分現在464円(△6円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)