住友鉱が軟化、CS証券が投資判断を引き下げ

 住友金属鉱山<5713.T>が軟化している。クレディ・スイス証券が投資判断を「アウトパフォーム」から「ニュートラル」とし、目標株価を1410円(従来1280円)としたことが観測されている。為替前提を13年度以降1ドル=80円から88円に引き上げたことで14年3月期の営業利益予想を847億円から940億円に引き上げたが、株価はPBR1倍超えで上昇に達成感が感じられるとしており、十分上昇したと判断している。

住友鉱の株価は11時21分現在1344円(▼18円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)