オリジン大幅続落、みずほ証による投資判断引き下げを嫌気

 オリジン電気<6513.T>が大幅続落。みずほ証券が21日付で投資判断を「買い」から「中立」に引き下げたことが観測されている。目標株価は430円(従来390円)。同証券では、株価は従来の目標株価を上回り、新型スマートフォン用MDB(ディスプレーパネル貼り合わせ装置)の貢献による13年3月期の大幅増益予想を織り込んだと指摘。一方、14年3月期はMDBの新型スマートフォンへの採用は端境期となる可能性が高く、減収減益が予想されるとしている。

オリジンの株価は13時17分現在391円(▼29円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)