JALとANAが軟調、787型機のトラブルでで欠航増加

 JAL<9201.T>とANA<9202.T>が軟調。22日付朝日新聞が「ボーイング787型機のトラブルで、予定していた22~28日の計199便を欠航する」と報じたことで、改めて欠航による収益への影響が警戒された。燃費効率の悪い代替機の手当てなどでコスト負担が予想以上に増加するとの見方も広がっている。

JALの株価は13時57分現在3635円(▼20円)
ANAの株価は13時57分現在179円(▼1円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)