関西電、中国電など電力株が軒並み安、「発送電分離で大筋合意」を嫌気

 関西電力<9503.T>、中部電力<9502.T>、中国電力<9504.T>など電力株が軒並み安となり、13時45分時点の業種別騰落率で値下がり率で2位となっている。きょう付の日本経済新聞で、経済産業省の電力システム改革専門委員会で議論された「発送電分離」に関して、「グループ内で送配電部門を分社化する『法的分離』を実施することで大筋合意した」と報じられたことをネガティブ材料視している。将来的な業績先行き不透明感につながるとみられているようだ。

関西電の株価は14時13分現在863円(▼24円)
中部電の株価は14時13分現在1142円(▼18円)
中国電の株価は14時13分現在1278円(▼61円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)