巴が反落、短期過熱感から調整迎える

 巴コーポレーション<1921.T>が反落。学校耐震化関連などを材料に加えて、値動きの軽さもあってここ数日人気化していたが、直近3日間で約25%も上昇しており、短期的な過熱感から調整を迎えている。文部科学省は12年度の補正予算案で、国公私立学校の耐震化や老朽化対策を進める費用として3272億円、うち耐震化対策として1425億円を盛り込んでいることから、学校耐震化工事の実績の多い同社には引き続き注目が必要なようだ。

巴の株価は14時17分現在411円(▼19円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)