新規テーマを模索

新規テーマを模索
最近の市場における最大の関心事だった日銀金融政策決定会合を昨日に終え、ドル/円相場は次のテーマを模索する形になっていこう。
足元では日本の金融政策や政府の姿勢を受けて、海外要人から円安誘導をけん制するような発言も出てきており、内外の要人発言が今後手掛かり材料になってくる可能性がある。
また、月末に開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)に向けた思惑が交錯することも考えられる。
基本的に経済ニュースを注意深く見て行く相場は継続すると見られる。
ドル/円の1日の値幅は最近大きめになってきており、材料が出てきた際の反応はこれまでよりも大きい可能性があることも留意しておきたい。