ANAが小動き、サマーダイヤ増便もB787の不安継続

 全日本空輸<9202.T>が小動き。22日大引け後に2013年サマーダイヤ分(3月31日から10月26日)の国内線ダイヤについて、国土交通省に申請・届出を行なったことを発表した。羽田空港の国内線発着枠の増加に対応し増便を図っているが、現在運行停止中のボーイング787の影響も懸念されており強弱感が対立している。

全日本空輸の株価は10時13分現在180円(△▼0円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)