<話題の焦点>=研究開発進展が待たれる再生医療

 昨年10月に山中伸弥京都大学教授のノーベル生理学・医学賞受賞が決まって以降、新興市場を中心にバイオ関連株人気が定着してきた。

 特にiPS細胞を中心とする再生医療の分野は、2012年度補正予算にiPS細胞を使った再生医療の研究施設・設備整備への支援などが盛り込まれるなど国の後押しもある。今後は、iPS細胞の実用化に向け、研究開発が加速するとの見方が一般的だ。

 そもそもiPS細胞とは、増殖して心臓など体の様々な部分に変化することが可能な人工的に作った細胞。昨年12月には米ACT社がⅰPS細胞から作った血小板で臨床試験を実施するためFDAに申請したが、これが承認されれば世界で初めて人を対象にした臨床試験となるなど、実際の応用はまだ始まったばかりだ。

 もちろん、再生医療はiPS細胞に限ったことでない。皮膚など比較的単純な組織であれば、国内ではジャパン・ティッシュ・エンジニアリング<7774.OS>の自家培養皮膚ジェイスが保険適用となっている。今回の山中教授のノーベル賞受賞をきっかけに今後研究が加速すれば、株式市場で話題に上ることが増えそうだ。

◆再生医療の主な関連銘柄

テラ<2191.OS>
メディネット<2370.T>
コスモ・バイオ<3386.OS>
大日本住友製薬<4506.T>
医学生物学研究所<4557.OS>
タカラバイオ<4974.T>
島津製作所<7701.T>
JMS<7702.T>
ニコン<7731.T>
J・TEC<7774.OS>
セルシード<7776.OS>

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)