東邦鉛がしっかり、みずほが目標株価を引き上げ

 東邦亜鉛<5707.T>が反発。前日はクレディ・スイス証券による投資判断引き下げを嫌気し下落したが、この日はみずほ証券が投資判断を「買い」、目標株価を320円から480円に引き上げたことが好感されている。同証券によると、現在、新規にラスプ鉱山を立ち上げ中であり、同鉱山がフル生産に達すると、従来の買鉱製錬から鉱山製錬一貫操業体制へと事業モデルが大きく変革すると評価。14年3月期に向けては新規鉱山の本格貢献で、業績のV字回復を見込むとしている。

東邦鉛の株価は12時40分現在376円(△2円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)