電産コパルが続落、みずほが投資判断を引き下げ

 日本電産コパル<7756.T>が続落。この日はみずほ証券が投資判断を「買い」から「中立」とし、目標株価を810円から670円に引き下げたことが観測されている。コンパクトデジタルカメラの市場縮小が加速するなか、主力事業であるデジカメ関連部品の利益水準が従来見通しから切り下がると判断。ミラーレス一眼向けシャッターの拡大期待は不変だが、コンパクト向けの落ち込みが想定以上としている。

電産コパルの株価は12時36分現在701円(▼28円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)