GTSは大幅高、東証が23日から日々公表銘柄に指定

 北大発の創薬ベンチャーであるジーンテクノサイエンス<4584.T>は大幅高。一時、前日比234円高の2670円まで買い進まれている。東証が22日、23日から日々公表銘柄に指定すると発表している。信用規制の強化で売買の自由度が限定される可能性がある。
 23日の複数の報道で、「人間のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から、腎臓の「尿細管」を作製したと、京都大iPS細胞研究所の長船健二准教授らのチームが発表した」と報じていることで、バイオ関連の新興市場銘柄に買いが集まっているようだ。

GTSの株価は13時49分現在2613円(△177円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)