JUKIが高い、「改革効果」で来期回復を先取る動き

 JUKI<6440.T>が上値追い継続。今週に入り人気化が鮮明となり、低位材料株物色人気の輪に加わっている。同社は工業用ミシンで世界トップシェアを誇るほか、チップマウンターも売り上げの屋台骨を支えている。中国向け依存比率が高いが、中国経済のソフトランディングが見込まれる中で、設備投資需要の回復が期待される。12年12月期は大幅最終赤字が見込まれるものの、来期は黒字化が予想され、来期の改善を株価は織り込みにいく展開。また、業績回復に向けた経営構造改革にも余念がない。各事業分野の規模に応じた人員削減や製造原価の低減を推進する「バリューチェーン構造改革」や中国から東南アジア・南アジアなどの新興国へ体制をシフトし、同時に販売チャネルの改革に踏みこむ「事業構造改革」に取り組んでいる。

JUKIの株価は13時52分現在144円(△4円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)