住友林業がしっかり、資産価値向上と再生エネ関連としても関心

 住友林業<1911.OS>がしっかり、軟調地合いのなか昨年来高値圏で値を保っている。日銀が金融緩和策を強化することで、日本の国土の900分の1に達する山林を保有する同社は資産価値拡大が期待され、バイオマス発電を手掛けることから、再生ネルギー関連の一角としても関心を集めている。

住友林業の株価は15時10分現在887円(△1円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)