あす(24日)の為替相場見通し=1ドル87円台への円高試す

 あすの東京外国為替市場は、1ドル=87円台の円高を試す展開か。予想レンジは87円50~89円00銭、1ユーロ=116円50~118円50銭。23日の東京市場で円は対ドル、対ユーロで大幅上昇。一時1ドル=88円01銭と前日に比べ1円以上の円高・ドル安が進んだ。22日の日銀金融政策決定会合は「期待したほどの中身はなかった」(市場関係者)という見方が多く、利益確定の円買い戻しが膨らんだ。また、日本の円安政策に海外から批判の声が高まっていることも無視できない円高要因となっている。24日は12月の貿易収支が発表される。貿易赤字が拡大した場合、円売り材料とはなるが、一時に比べて円安が進んだ状態での貿易収支の発表となるだけに、「赤字額にどれだけ増減があるか」(アナリスト)が注目されている。また、中国1月のHSBC製造業PMIが発表され、その内容も関心を集めそうだ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)