日本プラストが下方修正、14億円の営業赤字に

 ハンドルやエアバッグなど自動車用部品を手掛ける日本プラスト<7291.T>は13年3月期通期の連結業績予想の下方修正を発表、売上高は930億円(前回予想1000億円)、営業損益は14億円の赤字(同23億円の黒字)、最終損益は32億円の赤字(同11億円の黒字)を見込む。日中関係の悪化に伴う得意先の減産で、売上高が減少し、中国での減産や北米での新機種立ち上げ生産トラブルの影響からコストが上昇、利益を押し下げた。なお、期末配当金については9円見通しで、従来予想からの変化はない。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)