GNIグループが中国で糖尿病腎症を追加適用症として治験許可を申請

 ジーエヌアイグループ<2160.T>は23日取引終了後に子会社の上海ジェノミクス社が糖尿病腎症をF647(ピルフェニドン)の追加適用症として治験許可を申請したと発表した。糖尿病腎症は慢性肝不全や末期肝臓疾患を引き起こす最大の原因で、中国では2300~9800万人が糖尿病の可能性があると推定され、世界全体では1憶7100万人が糖尿病を患い、うち、Ⅰ型とⅡ型の糖尿病の約20~30%の患者に腎疾患進行の兆候が見られる。米国の科学者グループが発表した糖尿病腎症についての治験で、人体に対してピルフェニドンの安全性と有効性が証明されており、F647への新薬承認を取得後、製造販売許可申請、取得を急ぐ。なお、今回の請書は中国国家食品薬品監督管理局に提出する前に、上海食品薬品監督管理局で審査される。

GNIグループの株価(大引け)は160円(△3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)