ティアック(6803)、売り一巡後は軟調推移も、上昇相場は継続

新規のカラ売りを引き込み、取り組み良好
買い一巡後は失速。軟調な値動きになっている。しかし、昨日時点での日証金残では、貸株が約1000万株増加。新規のカラ売りを大量に引き込んだと思われ、需給はすこぶる良好だ。チャートでも1/22の上ひげをすでに突破しており、軸上向きが鮮明なチャート。調整一巡後は再び上値を模索すると思われる。上昇相場はまだ続いているようだ。