タカラバイオ(4974)、大幅続伸も、短期の調整が必要

1410円がテクニカルの壁として機能、いったん利益確定の売りが優勢か
大幅続伸。昨日に出来高を伴った長い上ひげが出現したものの、本日は堅調な値動きとなっている。しかし、前日の高値(1410円)がテクニカルの壁として意識されており、短期的な調整が必要な局面のようだ。中長期的な上昇相場が継続している可能性は高いが、いったん利益確定の売りが優勢となりそう。