ダイハツが小動き、岡三証券はレーティング引き下げも来期予想は増額

 ダイハツ工業<7262.T>が小動き。23日付けで岡三証券がレーティングを「強気」から「中立」、目標株価は1600円から1700円に引き上げている。レーティングの引き下げは株価上昇が理由で、増販の牽引役はインドネシアが担い、台数面での拡大や円安メリットが収益を押し上げると指摘、今3月期通期予想を連結営業利益で会社側計画の1200億円に対して同証券では当初の1400億円から1330億円(前期比15.2%増)に引き下げているが、来期予想は1440億円から1520億円に引き上げている。

ダイハツ工業の株価は10時16分現在1765円(▼3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)