パナISが底堅い、GPCとの協業を発表

 パナソニック インフォメーションシステムズ<4283.T>が底堅い。23日付でグローバル・パートナーズ・コンサルティング(GPC)と、完全Web―ERP「GRANDIT」の導入コンサルティングについて協業していくことで合意したことを発表した。会社法やIFRSなど、企業経営を取り巻く様々な法律や制度とその対応をきっかけに業務改革とあわせてERP導入を検討する企業が増加しており、会計・税務関連に強みを持ち、公認会計士が多数在籍するコンサルティングファームであるGPCと協業していくことで、同分野での受注拡大を図っていくもよう。

パナソニックISの株価は10時41分現在2004円(▼8円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)