ミヨシは小安い、材料株人気先導も目先強弱観対立

 ミヨシ油脂<4404.T>が小反落。ここ低位材料株物色のリード役として急騰劇を演じてきたが、直近は強弱観の対立から売り買いが交錯する局面に入っている。同銘柄は1月18日に突発人気、特定資金介入の思惑を背景に1億株を超える大商いでストップ高となる人気となった。信用取組は厚みにはかけるものの売り長であり相場も若く、個人投資家の買いを幅広く巻き込んで、低位株特有のロットを利かせた上昇相場が繰り広げられた。ただ、買い材料がハッキリしない中で目先は高値警戒感も意識されている。

ミヨシの株価は10時56分現在175円(▼3円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)