東急不が3日続落、ドイツ証が投資判断を引き下げ

 東急不動産<8815.T>が3日続落。ドイツ証券が投資判断を「バイ」から「ホールド」としている。目標株価は540円を据え置き。過去3カ月間の株価パフォーマンスが同業他社を大きく凌駕していることに加えて、日銀金融決定会合が期待はずれだったことから、同証券では今後、同社株が弱含むと判断。目標株価や業績予想に変更はないが、投資評価を引き下げたとしている。

東急不の株価は11時21分現在625円(▼9円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)