北川鉄工が反発、低位株人気がじわり波及

 北川鉄工所<6317.T>が反発。株価は前日比9円高の154円まで買われ、動意含みにある。同社は株価低位の仕手系銘柄で、時折、噴き上げる習性がある。自動車向けの金属素形材や工作機械部材を手掛け、円安による両業界向けの需要拡大に思惑が働く。また、コンクリートプラントや放射性物資の除染装置を手掛けるなど、復興関連の側面もある。手掛かり材料が豊富なだけに、このところの低位株人気がじわり波及している。

北川鉄工の株価は14時30分現在153円(△8円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)