Jトラスト急騰、金融緩和環境を改めて好感

 Jトラスト<8508.OS>が急反発。1月4日につけた昨年来高値1540円を指呼の間にとらえている。資産買い取り・債権回収、保証事業などを主力とするノンバンクだが、M&A戦略に積極的で、金融のほかに不動産などにも多角的に展開している。22日の日銀の金融政策決定会合で2%のインフレターゲットと追加緩和姿勢の継続が担保されたことで、金融緩和による調達コスト低下の恩恵を大きく受ける銘柄の一つとして見直されている。今3月期は経常利益で前期比2.2倍の高変化率が予想され、PERも8倍前後と割安なことも上値を買いやすくしている。

Jトラストの株価は14時43分現在1518円(△117円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)