電産トーソクが13年3月期業績予想を下方修正、日中情勢の冷え込みなど響く

 日本電産トーソク<7728.T>がこの日の取引終了後、13年3月期の連結業績見通しを従来予想の売上高306億円、経常利益31億5000万円から、売上高300億円(前期比10.5%減)、経常利益23億円(同25.5%減)に下方修正した。日中情勢や欧州市場の冷え込みの影響から売上高が減少していることに加えて、円安の進行、さらに開発部門の強化や設備能力の増強に関する投資が増加し、減益を余儀なくされた。
 なお、同時に発表された第3四半期累計(4~12月)連結決算は売上高239億3400万円(前年同期比3.2%減)、経常利益17億500万円(同28.7%減)と大幅減益に終わった。

電産トーソクの株価(大引け)は696円(△6円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)