日立が続伸、衛星データ活用の大規模農場管理情報システム販売を好感

 日立製作所<6501.T>が続伸、前日比13円高の545円で寄り付いた。25日付の日本経済新聞が「三井物産<8031.T>と組み、衛星データを活用し広大な農場を効率的に管理できる情報システムを海外で販売する」と報じたことが好感されている。東京の山手線内の面積の2倍弱に相当する大規模農場でも農作物の生育状況を把握、農薬散布の時期などを的確に判断できるため、収穫量を最大3割増やせると伝えている。インドでは2015年度に現地の連結売上高を前年度比約3倍への拡大を目指し、鉄道や電力などインフラ整備を中心に大型受注が相次いでおり、海外事業拡大による中期的な業績拡大へ期待が強い。

日立の株価は9時08分現在544円(△12円)。
三井物産の株価は9時08分現在1365円(△44円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)