東芝が10カ月ぶりの高値更新、円安メリットと電力関連で見直し

 東芝<6502.T>が大幅高。株価は前日比16円高の396円まで上昇し、昨年3月19日につけた383円高値を10カ月ぶりに更新した。円安メリットが注目されているほか、米ゼネラル・エレクトリック(GE)との火力発電関連での提携でも評価が高まっている。東芝とGEが火力発電で提携するとの24日の日本経済新聞の報道に対して、市場からは「GEは政治的な交渉力やリスク管理に定評があり東芝にもプラス」との見方が出ている。ここから日立製作所<6501.T>を株価面で追撃する期待が強まっている。

東芝の株価は9時47分現在395円(△15円)。
日立製作所の株価は9時47分現在544円(△12円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)