東リが5日ぶりに大幅反発し昨年来高値、材料豊富で人気化

 東リ<7971.T>が5日ぶりに大幅反発。株価は前日比30円高の230円まで急伸し、21日につけた208円の昨年来高値を更新。同社は塩ビ床材やカーペット、壁装材などを手掛ける総合インテリアメーカー。ビルやマンションなどの建築着工が会社側の想定以上に回復し、内装材需要が堅調だ。コストダウンや経費削減効果も加わり、13年3月期連結経常利益は前期比68%増の17億5000万円と大幅増益の見通し。実態好転にもかかわらずPBRは0.5倍台と評価不足のほか、マンション向けを手掛けることから、政策支援の期待できる住宅関連との位置づけもできる。

東リの株価は11時10分現在219円(△19円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)