大日本住友がストップ高で寄り付く、がん治療薬臨床試験申請を引き続き材料視

 大日本住友製薬<4506.T>が続騰、寄り前から大量の買いを集め10時前にストップ高となる前日比300円高の1570円で寄り付き、その後も高値圏で推移している。前日にNHKが「(大日本住友が)がん幹細胞を直接攻撃し、がんによる死亡の原因となる再発を防ぐ新薬で、近く臨床試験の申請を行う」と報じたことが引き続き材料視されている。18日現在の信用倍率は0.48倍、24日申し込み現在の貸借倍率も0.97倍になっており、売り方の買い戻しも株価上昇に拍車をかけているようだ。

大日本住友の株価は10時56分現在1565円(△295円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)