住金物産が続伸、鋼材の需要増や海外展開に関心

 住金物産<9938.OS>が続伸、1月18日の昨年来高値260円に迫ってきた。鋼材、繊維、食糧を3本柱とする新日鉄住金系の専門商社で産機・インフラを含めて幅広く事業を展開、大型補正で公共投資の動きが活発化すれば鋼材を手掛ける同社の間接的メリットは大きく、タイやマレーシアで太陽光発電事業を展開するなど海外での事業展開も注目される。

住金物産の株価は10時32分現在252円(△5円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)