<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」2位にナノキャリア

 「みんなの株式」が集計する「個人投資家の予想(最新48時間)」の15日12時現在で、ナノキャリア<4571.T>が「売り予想数上昇」で2位となっている。
 
 ナノキャリアは、がん領域に特化し薬物送達システムに強みを持つ創薬ベンチャー。ここ最近のバイオ関連株人気の中心軸にいる銘柄で、きょうも朝方は安い局面もあったが、そこから大きく切り返し6連騰となっている。5%ルール報告で、JPモルガン・アセット・マネジメントが同社株などバイオ関連の複数銘柄の株式を5%以上保有していることが判明し、これが個人投資家の短期資金を誘導する引き金となっている。京大山中教授の“ノーベル賞効果”もあって政府の緊急経済対策にはiPS細胞を使う再生医療の研究などが織り込まれており、バイオ関連全般に国策の追い風が意識されていることもプラス材料だ。ただ、需給先行の急騰が続いていることで、きょう朝方の動きにも反映されるように反落への懸念もつきまとう。なお、同銘柄は「買い予想数上昇」でも4位につけており、目先の強弱観の対立を物語っている。

ナノキャリアの株価は12時48分現在34万2000円(△3万円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)