パナISが反発、第3四半期2ケタ増益で安心感

 パナソニック インフォメーションシステムズ<4283.T>が反発、2000円台を奪回した。この日午前11時30分に今3月期の第3四半期決算を発表、連結売上高では249億6200万円(前年同期比6.2%減)ながら営業利益では開発原価の良化や合理化など経営体質の改善が奏功し、31億3500万円(同12.7%増)と2ケタ増益を達成、業績面での安心感が高まっている。通期予想は連結売上高380億円(前期比4.5%増)、営業利益43億円(同1.1%増)の見通し。

パナソニックISの株価は13時17分現在2060円(△61円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)