富士通ゼネが13年3月期経常利益の上方修正を発表 為替の影響織り込み経常増益幅拡大

 富士通ゼネラル<6755.T>が25日引け後に13年3月期連結経常利益見通しの上方修正を発表。売上高は前回予想の2035億円(前期比横ばい)を据え置いたが、経常利益は145億円から165億円(同68.3%増)に増額し、経常増益幅を拡大する見通しとした。海外向けエアコンの販売増やデジタル防災無線システムの一段の増収や為替の影響を織り込んだもの。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)