円安で株価が好調

2月の相性も良し
自動車メーカーで世界3強の中の一社。自動車事業以外にも住宅事業や金融事業、e-TOYOTA事業、マリン事業、バイオ・緑化事業なども展開している。円安傾向も続いていることから、1月に入り株価は4,000円を超えてきた。同社の2月における株価の傾向を検証したところ、勝率は54.55%であった。日本の株式市場全体も右肩上がりに推移していることも考慮すると、同社の2月の株価動向に注目したい。

勝率:54.55%
勝ち数:12回
負け数:10回
引き分け数:0回