まだまだチャンス? いまから買いたい銘柄は?

まだまだチャンス? いまから買いたい銘柄は?
2012年の年末から年始にかけて日経平均は大きく値上がりしていきました。上がる株はガンホー(3765)のように株価8倍にまで上昇し、上がる株とそうでもない株の差は開くばかりです。株は長い間低迷を続けてきましたが、ここにきて一気に息を吹き返し、外人も個人もこの相場に乗り遅れないよう、慌てている方もいらっしゃいましょう。乗り遅れた方はどうすれば良いでしょう?今からでも買っておきたい銘柄は?

相場状況

今回の上昇の起点はやはり野田前首相による解散宣言。11/14の国会で行われ、そのときの日経平均は8703円。その後、ほぼ一貫して上昇を続け、10952円まで上昇しました。日経平均で1.25倍となりました。11月の1日平均売買代金は1兆2000億円程度でしたが、直近では連日2兆円を超えてきています。ここにきて調整を入れ上下していますが、チャンスはもう通り過ぎてしまったのでしょうか?今から買うにはもう遅すぎるのでしょうか?

2012年後半相場

2012年の後半相場では、いろいろな株が上昇しました。しかし、その上昇率にはかなり違いがあります。いまだに取り残されてマイナスの株もあれば、一気に株価が上昇し、日経平均を大きく上回る上昇になった株もあります。

上昇の典型例がガンホー(3765)で11/14の62万円の株価は1/25には160万円となり、わずか2ヶ月で株価は2.6倍、その前にさかのぼると8月の20万円前後から8倍を超えてきています。このような株を購入できればあっという間に状況は変わっていき、お客様の株式財産は劇的に変化していくのです。しかし、その一方で、騰がったといっても10%20%の上昇にとどまっている銘柄もありますし、逆に下がっている銘柄もあります。こうゆう時こそ「どの銘柄」でどう「売買」したのかによってものすごくパフォーマンスに差がつきやすくあっという間に差がついてしまい、取り返しが効かなくなっていきます。そうゆう時期なのです。

財産を一気に2倍3倍にすることも出来ましたし、逆に売り買いを頻繁にしたが結局、資産は増えていない方、中には減らしてしまった方も出てきてしまうのです。投資格差が一気に拡大してしまう時期です。

皆様の成果はいかがだったでしょう?

「今から取り返すことは可能でしょうか?」「今から買っても間に合うのでしょうか?」

銘柄によっては間に合わないケースもありましょうし、今からでも間に合う銘柄もありましょう。ガンホーにしたってこの年初には1株88万円で購入できたのです。現在1株160万円で今年に買ったとしても1.8倍になっています。騰がった株はもうだめで、まだ上がっていない株は何?と考えすぎると上がらない株ばかりをつかんでしまい大きなチャンスを逸してしまいますので注意しましょう。いずれにしてももう誤らないことが大事。

騰がっていない株も騰がっている株も幅広く見たうえで「今から買った方がいい銘柄は?」と考えた方が選択の幅は一気に広がります。なんせ日本株は3500銘柄もあるわけですから、その中から「今、買いの銘柄」を選べばいいのです。「今、買っておきたい銘柄」はいくつもありますがその一つの候補を取り上げましょう。

ここにきて大きく上昇していますがエイベックス(7860)は今年は更に活躍余地が大きくなるかもしれません。EXILEや浜崎あゆみ、倖田來未などなどのタレントを抱えており音楽レーベルでトップ。特にここに来て注目されるのは動画コンテンツサービスです。

 9月よりヤフーファイナンス上で1400円台から取り上げ、今は2400円台、既に60%も上昇しており先週も一気に上昇してきましたのでかなり過熱感がでています。そのため、少し落ち着きどころを見ていく方が賢明ですが、2013年は要注目の銘柄のひとつです。

次の大化け銘柄は?