ボルテージが反発、第3四半期業績悪化観測報道もアク抜け感で買われる

 ボルテージ<3639.T>が反発。26日付の日本経済新聞で、7~12月期の連結営業利益が7000万円程度になり、今期から連結決算に移行したため単純比較はできないが、単独だった前年同期比で78%減となると報じられた。ただし、業績悪化は既に株価に織り込み済みとの見方が強く、また、市場予想の営業利益2000万円は上回っていることなどから、この日は反発している。記事によると、主力の恋愛ゲームの課金収入が好調だったが、スマートフォン対応や海外展開に向けた先行投資が収益を圧迫したとしている。

ボルテージの株価は09時39分現在973円(△28円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)