フジオーゼが3日ぶり急反落、13年3月期大幅経常減益見通し嫌気

フジオーゼックス<7299.T>が3日ぶりに急反落。先週末25日引け後に13年3月期連結業績見通しの下方修正を発表したことから、嫌気売りが優勢になっている。売上高は前回予想の164億円から152億円(前期比6.2%減)に、経常利益は18億5000万円から11億5000万円(同27.9%減)に減額し、16.1%経常増益から一転、3割近い経常減益見通しとした。自動車用エンジンバルブが北米向けは引き続き好調を維持するものの、中国の景気減速やエコカー補助金終了による国内需要減による売上高減少を織り込んだもの。

フジオーゼの株価は9時55分現在366円(▼43円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)