東海ゴムが反発、独自動車用防振ゴムメーカー買収を好感

 東海ゴム工業<5191.T>が反発、前週末比19円高の906円で寄り付いた後31円高の918円まで上げ幅を広げた。25日取引終了後に「ドイツの自動車用防振ゴムメーカーのアンブィス社の全株式を取得、子会社化する」と発表したことが好感されている。買収は事前の報道で伝わっていたが、本格的に欧州市場に参入する意向にあることから、今後の業績拡大への期待が広がった。18日現在の信用倍率0.62倍、貸借倍率1.56倍の好取組みも株価を支えている。

東海ゴムの株価は12時37分現在908円(△21円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)