セックが13年3月期単独業績の上方修正と配当予定の引き上げを発表 プラットホーム関連システム開発好調で19.5%経常増益へ

 セック<3741.OS>が28日引け後に13年3月期単独業績の上方修正を発表。売上高は前回予想の33億2000万円から36億5000万円(前期比18.4%増)に、経常利益は4億5000万円から5億2000万円(同19.5%増)に増額し、3.4%経常増益から2割近い経常増益見通しとした。アンドロイドを中心にしたプラットフォーム関連のシステム開発が引き続き好調なことや、官公庁系の社会基盤システムなども想定を上回ることが要因。また、3月期末配当は前回予想の年30円から年38円(前期年30円)に引き上げる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)