コニカミノルタ、リコーなど軟調、ユーロ安・円高の動きを嫌気

 コニカミノルタホールディングス<4902.T>、リコー<7752.T>など欧州向け売上比率の高い輸出株に売りが先行している。為替市場で足もと円が買い戻される流れになっており、対ユーロでは121円70銭近辺の推移と今朝7時との比較でも40銭程度の円高に振れている。これを受けて輸出採算の改善期待が後退し、株価の下げを誘発している。

コニカミノルタの株価は9時13分現在718円(▼17円)
リコーの株価は9時13分現在1038円(▼33円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)