ソニー(6758)、反落も、チャートの崩れはない

上方の窓が目標、順調な株価推移となりそう
反落。利益確定の売りが優勢となっている。しかし、「窓理論」では買い継続となっており、チャート上の崩れは感じられない。株価は「次の窓」を目指しているようであり、順調な株価推移が期待できそうだ。目標となっているのは、12/4/11に空けた上方の窓(1536円-1581円)。ここまでは大きな抵抗線は存在していない。