ウィルが急騰、12年12月期経常利益増額を好感

 ウィル<3241.OS>が急騰、同社は阪神間で住宅販売を手掛けているが、28日発表した12年12月期の連結業績予想で経常利益が3億4500万円と前回予想から9400万円の増額となったことが好感されている。物件の完成時期のずれ込みにより今期の引き渡し戸数が減少し、売上高は計画を下回ったものの、継続的なコスト削減による販売管理費の圧縮や、財務体質改善に伴う借り入れコストの圧縮が利益に貢献した。また、12年12月期末の配当予想を従来予想から800円増やし2900円としたことが株高を後押ししている。

ウィルの株価は10時27分現在238円(△38円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)