キヤノンMJが急反落、前12月期56%最終増益も今期の伸び鈍化を嫌気

 キヤノンマーケティングジャパン<8060.T>が急反落、一時75円安と売り込まれた。同社は28日、12年12月期の連結決算を発表、親会社キヤノンのデジタル一眼レフや事務機の国内販売が好調だったことから最終利益は前期比56%増の105億7800万円と大きく伸びた。しかし、市場の視線は今期の業績予想のほうに向いており、今13年12月期の見通しが前期比横ばいの106億円だったことで、成長鈍化見通しを嫌気した形で売りがかさんでいる。

キヤノンMJの株価は11時25分現在1199円(▼52円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)