ラサ工が突飛高、仕手系材料株の一角で低位株人気が波及

 ラサ工業<4022.T>が大幅高。株価は前日比29円高の129円まで急伸している。同社は株価低位で仕手系材料株としての市場認知度が高く、短期資金の流入から突飛高する実績があり、きょうはこのところ日替わりで物色されている低位株人気が波及したようだ。がれき処理用破砕関連機器や下水道掘進機を手掛け、復興関連需要の増加期待があるほか、LED向けなど電子材料の成長性も持ち合わせているなど手掛かり材料は豊富だ。

ラサ工の株価は13時00分現在125円(△25円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)