オムロンは小動き、ビッグデータの解析・生産性向上システム開発

 オムロン<6645.OS>が前日終値近辺でのもみ合い。29日付の日本経済新聞で、同社は日本マイクロソフトと連携して、工場向けに膨大なデータの集積である「ビッグデータ」を解析し生産性を高めるシステムを開発したと報じられた。新興国などで工場新設を急ぐメーカー向けなどに4月下旬に発売すると伝えられたが、株価の反応は今のところ鈍い。ただ、昨年10月末以来の一貫した上昇トレンドで25日移動平均線はきれいな右肩上がりの直線を形成している。目先は高値圏で利益確定の動きが出ているが、下値も堅く25日移動平均を下支えとする上昇波は継続されている。

オムロンの株価は13時31分現在2157円(▼1円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)