大同特鋼が反発、燃費向上と製造コスト低減する特殊鉄粉を量産

 大同特殊鋼<5471.T>が反発。29日付の日経産業新聞が「トヨタのハイブリッド車・プリウスに採用されている特殊な鉄粉を量産する」と報じたことが材料視された。燃費向上と製造コスト低減に欠かせない素材で、韓国など海外勢からも引き合いが強まっており、4月にも増産を始め、スマートフォンへの供給も狙うと伝えている。今3月期は営業45%減益を予想するなど、足もとの業績は低迷しているが、主力のステンレスの需要と市況回復により業績底入れが観測されている。

大同特鋼の株価は13時51分現在406円(△8円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)