コマツが13年3月期業績の下方修正を発表 インドネシア、中国での売上高減少で11.1%経常減益へ

コマツ<6301.T>が29日引け後の13年3月期連結業績見通しの下方修正を発表。売上高は前回予想の1兆9700億円から1兆9200億円(前期比3.1%減)に、経常利益は2520億円から2220億円(同11.1%減)に減額し、1.0%経常増益から、2ケタの経常減益見通しとした。為替の円安効果は見込まれるものの、インドネシアと中国での建機・鉱山機械の売上高が想定を下回ることが要因だ。第4半期の想定為替レートは1ドル=88円、1ユーロ=115円。通期平均では1ドル=82円、1ユーロ=106円。

コマツの株価(大引け)は2385円(△30円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)